女性

癌の転移を防いでリスク回避│3つの治療方法がもたらす健康

声の不調を感じたら

医者

咽頭がんは喉のがんなので、声などの調子に意識を向けると異変に気付くことができます。治療では放射線治療が一般的で、良好な効果がみられます。切らない方法なので人気はありますが、緊張すると思うのでリラックスを意識すると良いです。

もっと読む

たちの悪い病気

男性

病気の進行具合

癌といえば、大腸がん、胃がんなどさまざまな種類があるので、違う病気と思う人もいるかもしれませんが、部位によって名前が付けられているだけで、全て同じ悪性腫瘍です。癌は細胞が生まれ変わる時に変異が起こり、それを排除できなかった場合に成長し癌になります。若い人ほど細胞の動きが活発なので進行状態が早いことが多いです。癌が小さい内に切除できれば良いのですが、癌は血管やリンパ管を食い破り血液やリンパ液に入り込み体中に運ばれてしまいます。そして新たに腫瘍をつくり体を蝕みます。これがよく聞かれる転移というものです。癌がある程度大きくなってから発見された場合には、血液にのって他の部位に運ばれてしまっている可能性があります。

どんな治療があるか

今の医療では癌治療には大きく分けて3つの治療法があります。まずは手術によって腫瘍を切除する方法です。腫瘍だけでなく、周りの細胞に浸潤している可能性を考え、広範囲を切り取ることが多いです。しかし、取り残しや転移の疑いがあるところを全て手術するのは大変な為、この後は放射線治療が行われます。放射線治療では転移しそうな場所や手術を行った部位周辺を中心に治療します。他にも癌の再発予防や痛みの軽減の為にも使われています。しかし、放射線治療を行っても血管の中を流れている癌細胞を排除することはできないので、このままでは転移の可能性があります。それを防ぐために、抗がん剤治療を行います。抗がん剤は血管内に投与され全身をめぐり癌細胞を排除してくれます。しかし、抗がん剤は正常な細胞にも影響を与え、強い副作用を引き起こすこともあります。このことはきちんと念頭に入れておきましょう。

基本は早期発見です

病院

すい臓がんは初期の段階で特徴的な自覚症状がなく、本人が気づくことは難しいです。このため、発見された段階ではかなり進行している場合が多く、手術後の5年後死亡率は2〜3割と極めて低いものになっています。早期発見のためには、がん細胞が多くのブドウ糖を取り込む性質を利用したPET検査が有効です。

もっと読む

循環器科や呼吸器科

相談

守備範囲は広く、いくつかの診療科に分けることができるのが内科です。循環器内科は主に血管に対する診療を行います。また呼吸器内科は肺や気管支など、呼吸に関する診療を行っています。横浜市都筑区でも、これらのクリニックが数多く存在しています。

もっと読む