女の人

癌の転移を防いでリスク回避│3つの治療方法がもたらす健康

声の不調を感じたら

医者

気を付けると良いこと

咽頭がんでは切らない治療方法として、放射線が用いられることがあります。放射線治療を行う時はいくつかの注意点があり、気を付けることで咽頭がんの治療を速やかに行うことができます。放射線治療では、当てるべき部分に印を付けてそこに照射を行います。その印は治療が完全に終わるまで取れないようにする必要がありますが、取れてしまった場合はちゃんと伝えることでまた正確な位置に印を付けてくれます。治療を受ける時の服装は、放射線を当てる部分及び印がある部分がすぐに出せる服装が望ましいです。放射線治療は緊張するものだと思いますが、緊張せずにゆったりとした呼吸であることが大切です。態勢がつらいとかどこかが痛くなったら手をあげたり声で伝えることで照射を停止してくれるので、我慢しないようにすると良いです。

がん細胞に放射線を当てる

放射線治療は、がん化した細胞に放射線を当てて破壊します。がん化した細胞の周囲に存在する正常な細胞を傷付けないように、がん細胞の位置を正確に調べます。放射線は何度か行う必要があります。行っていくにつれてがん細胞が小さくなり、やがて消滅します。咽頭がんの治療方法は放射線以外にもありますが、ほとんどの場合は放射線治療が用いられます。使用が認められないのは、転移していたり細胞が大きい場合です。咽頭がんには放射線治療がとても有効とされているので、基本的には放射線治療が選択されます。治療の日程は病院側で決めるので、予定については医師と相談することをおすすめします。また、無断で休んだりしないことが大切です。